アドラーの購入ならココのお店!

とてもきれいな状態でした。また!他人からの評価が気になりoverworkなのに仕事を引き受けてしまったりと!無理をする自分がいました。本当に仕事や家事に疲れていたので、結局の所、我慢することばかりで、悪いのは自分のとらえ方や行ってきたことが悪かったんだと、思いました。

いまオススメの商品!

2017年10月02日 ランキング上位商品↑

アドラー働く人のためのアドラー心理学 「もう疲れたよ…」にきく8つの習慣 (朝日文庫) [ 岩井俊憲 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

最初、岸見氏の文庫を読んだがいまひとつ理解しずらかったのですが、この本は実際の例が分かりやすく、頭にすんなりと入ってきました。自分のものにするにはまだ時間がかかりますが、アドラーの考え方で自分らしく生きる?生活する事ができる気がします。でも!言っていることは!仕事に特定のことでなく!普段生活していくにあたって充分参考になることが書かれています。とても参考になりました。まだ読み込めておりませんが!自己否定をする事が多く嫌いだった自分が!少しだけ~こんな自分が居ても良いんだ~と思えるようになりました。他の人の仕事は、手伝わないことにしようと思いました。読みやすく面白いです。同じ資格を持ち働く中で!自分に対する劣等感を強く感じる事が多々あります。ドラマでアドラー心理学に興味を持ち購入しました。まだそんなに読んでいませんが!アドラー心理学はいい!どん底に立たされた時や辛い立場に立たされた時などにクヨクヨ悩むより前向きな考えにさせてくれる。結局!他の人の仕事が!締め切りになってもやらないので手伝って!一人だけ残業になってしまったのも!手伝う自分が悪いのだと!叱られるのはその人で良いんだ!! 手伝うのが当たり前になってしまったから!相手がやらないのだと!自分が苦労して相手が楽して!おかしいと感じていたことも自分のせいなのだと。この本はその心理学を働いている人に役立つように編集されています。良かったです。。「嫌われる勇気」を読んだ後に!こちらを購入。アドラー心理学はいつ読んでも為になるから最高。レビューを参考に購入。心療内科Dr.にアドラー心理学を学びなさいと言われ…たくさんあるアドラーの中で『働く人の〜』のフレーズに、惹かれて購入しました。慢性疾患をかかえて仕事をしていると!皆ができる事ができない自分がいます。